知らなかった!料理教室の失敗しない選び方ポイント

料理教室の選び方
 
料理教室をどう選んでいますか?
 
おいしそー!と選んでしまうのは要注意
 
女性向けの料理を作っているレッスンでは、
 
おしゃれな料理は作れても、男性の心と胃袋をつかむことはできません。
 
何を目的にしたいのかによって、料理教室を選ぶ必要がありますね。
 
 
料理教室を選ぶポイント
 
・何を目的として通うのか
 
・その教室に通った方が自分の欲しい結果を得ているのか
 
・自宅に帰って復習したものをきちんと相談できるのか
 
ここを確認しましょう。
 
冷蔵庫の中身で料理を作れるようにしたいのなら、
 
レシピを増やすレッスンでは難しいですね。
 
 
レッスンに参加した理恵さんから感想をいただきました。
 
 
 
理恵さん   43歳  会社員  町田市
 
青木さんのキュートさ、そして明るく
 
親しみやすい雰囲気で安心してレッスンを受けることができました。
 
 
経験から裏打ちされたお話も興味深く、
 
これは本当だなと思いながら聞いていました。
 
 
参加のきっかけは紹介です。
 
料理教室を探していたにも関わらず
 
なかなか行きたいところに巡り合わず、
 
どうしようかなと思っていたタイミングでの情報に即決でした。
 
 
 
料理は好きなのですが、自分の食べたいものを作るだけで、
 
他の人が食べたいかは別、
 
特に男性向けメニューは多く思いつかないため、
 
そんなヒントもあるのではないか、
 
また「愛されめし」というネーミングにも惹かれ
 
参加をさせていただきました。
 
 
 
 
 
体験レッスンは実際の調理こそしませんが、
 
今後の考え方の指針、また料理の果たす役割を改めて実感しました。
 
 
 
大事なコミュニケーションのひとつです。
 
また、目標をクリアにしてそこに向かうための方法を
 
柔軟に身につけていく、頭では分かっていても、
 
結局できていない自分の気づきにもなりました。
 
 
 
とても親しみやすい青木さんのレッスンですが、
 
ソフトに1本筋が通っています。
 
 
 
中途半端な考えや気持ちでの参加はNGだと思いました。
 
そういう意味でも本当に変わりたいと考えている方、
 
またその価値のわかる方、理解しようとトライする方にオススメしたいです。
 
 
貴重な時間をありがとうございました。
 
とても楽しかったです。