結婚式は出会いの場。デキる人は知っている。結婚式での振る舞い方

結婚式

1.結婚式を出会いの場に

間もなく結婚シーズンですね!

11月に結婚式を挙げる、

皆さんの親類やお友達も多いのではないでしょうか。

 

婚活パーティー等と同様、

結婚式も出会いの場です。

 

ここでは結婚式を出会いの場に

繋げるにはどうしたらいいか、

そのコツをお伝えします。

結婚式を出会いの場に繋げるコツ”服装”

結婚式ではドレスアップしていく方が多い

かと思います。

その際肌の露出が多い服装は

避けた方がいいです。

ショールやボレロを羽織ったりして

過度な露出は控えましょう。

 

丈にも気を付け、

脚の露出も気を付けましょうね。

 

大人の婚活女性は

露出は控えた方が

ベターですよ。

 

結婚式を出会いの場に繋げるコツ”2次会に参加”

時間に余裕があるなら、是非2次会に

参加しましょう。

 

1次会は式場の司会に沿って

形式的に進みますが

2次会は比較的自由な場。

ここで出会いを広げましょう。

 

あくまでも、

新郎新婦が主役であることを

お忘れなく!

結婚式を出会いの場に繋げるコツ”料理を取り分ける”

料理が来たら

周りに取り分けましょう。

 

テーブルの人数分のお皿の枚数を一度取り、

料理を盛って順番に回してあげるといいですね。

お皿やグラスが空になっている人がいたら

「おかわりはどうですか?」って

声をかけてあげると喜ばれます。

 

周りの様子に気づくために

料理に夢中になりすぎないことがポイントです。

結婚式を出会いの場に繋げるコツ”料理やドリンクを取りに行く時は話しかけながら行く”

2次会の会場にもよりますが

料理を自分達で取りに行く場合もあります。

そんなときは男性と

話ながら取りに行きましょう。

 

自然な流れで

2人になれて

相手のことを知れるチャンスです。

 

話が苦手な男性も多いので

そんなときは少しリードして

話してみましょう。

 

最初、話しかけるときは

勇気がいると思いますが

「新郎のお友達ですか?

私、新婦の高校時代の友人です」

等と言って話しかけたら

相手も警戒心を

抱きません。

 

新郎、新婦と関係のある人が

集まっていますから

もし話題に困ったら

新郎新婦の話題を出したら

話は広がります。

結婚式を出会いの場に繋げるコツ”仲間だけで盛り上がらない”

結婚式は普段久しく友人・知人が

一堂に集まりますので、

思い出話に花を咲かせたいという

思いは分かります。

 

けれども知り合い同士

話に熱中しすぎると、

話しかけづらい雰囲気になってしまいます。

 

友人とは結婚式以外の場でも

会おうと思えば会えるはず。

 

その場でしか会うことが出来ない人との

会話を優先すべきです。

 

どうしても友人と話したいのであれば

式の前に少し早めに友人同士で集まって、

お茶でもして昔話をした後で

式に出席するのもいいでしょう。

 

また、グループで固まっていることも

異性から話しかけられにくい原因となります。

 

4人で来ているとしても、

1人か2人で食べ物や飲み物を取りに行くなど、

話しかけられやすい状態を作りましょう。

結婚式を出会いの場に繋げるコツ”視線を送る”

不意に話しかけられると

ドキッとして

身構えてしまうもの。

 

あらかじめ「なんだか目が合うな」

くらいに意識されていた方が

突然声をかけるより反応はいいはず。

 

ステキな人を見かけたら、

視線を送っておきましょう。

 

これだけで、気になる人から

声をかけられる確率が上がります。

結婚式を出会いの場に繋げるコツ”繋がりを利用する”

気になる相手と

2人での食事やデートにつなげられればいいけど、

なかなか難しいもの。

 

相手に身構えられずに

連絡先を交換するためにも、

いきなりデートを目指すよりは

「一度みんなで飲みませんか?」と、

フランクに誘うのもひとつの手。

 

お互い、一緒に来ている友人なども

その場で確認できるので、

事前に食事当日のメンバーを

想定できるという美味しいメリットもあります。

 

また、一緒に来ている友人と

SNSでつながる、というのも

気になる相手と

近づけるコツです。

結婚式を出会いの場に繋げるコツ”一緒に、写真を撮る”

ぜひ、気になる相手やその友人と

写真を撮りましょう。

 

そして写真を送る口実として

メールアドレスやラインIDを

聞いてみてください。

 

「あとで写真を送るので

連絡先を教えてください」

 

この流れだったら

気になる相手だけでなく

その友人にも教えてもらうので

自然に交換できます。

 

2.結婚式の招待状の書き方

そろそろ結婚式の招待状が届く頃ではないでしょうか。

 

この招待状、ただ出欠にマルをつけるだけでは

なんだかとっても味気ないですよね。

新郎新婦にとっては一生に一度のことですから、

お祝いの気持ちが伝わる返し方をしたいものです。

 

結婚式の招待状には返信のマナーがあり、

知らずにいると、失礼にあたることも。

そこで今回は、招待状でNGな返信の仕方と

喜ばれるメッセージの書き方をご紹介します。

 

結婚式の招待状にNGな返信とは?

 

《黒以外のインクを使う》

冠婚葬祭では、案内ハガキ等を出す際

使うペンのインクの色に気を付ける必要があります。

 

結婚式の招待状には、ブルーやグレーなど

黒以外のインクを使うのは厳禁です。

 

お祝い事の案内状で特に使ってはいけないのは、

葬儀や喪中ハガキ等に使うグレー

知らなかったでは済まされないことにもなりますので、

くれぐれも注意しましょう。

 

《「御」や「御芳」を×で消す》

これは知らないとやってしまいがちですが、

自分の名前等のにある「御」「御芳」

×で消すのはマナー違反です。

 

消すこと自体は間違っていませんが、

二重線か斜線で消すのが正しいマナーです。

 

《返事を出さない》

こちらは論外ともいえますが、

結婚式の招待状が届いているのに、

返信せず放置するのはもってのほかです。

 

よく会う相手ならその時に口頭で伝えたり、

電話やメール、LINEなど、方法は問わず

出欠が伝わりすればいいと思っていませんか?

 

結婚式の招待状を受け取ったら、

きちんと返信するのが社会人としてのマナー。

親しき中にも礼儀ありです。

 

メッセージの書き方も注意!

結婚式の招待状を返信する際には、

お祝いのメッセージを添えるとさらに好印象です。

ただし、メッセージの書き方にもマナーがあります。

 

結婚式では

ご祝儀の額は割り切れる数字にしない

新札を用意する

といったマナーはよく知られていますが、

招待状へのメッセージは、親しい間柄であれば特に

何も気にせず書いてしまいがちですね。

 

ですが、”お祝い事は終止符をうたない”ということで

「、」や「。」の句読点は使わない

というマナーがありますので要注意。

 

どんなメッセージを書けばいい?

結婚式の招待状に添えるメッセージは、

先述したようなマナーはあるものの、

メッセージ文の内容に決まりはありません。

 

素直にお祝いの気持ちを表せばOKですが、

参考として、メッセージの文例を紹介します。

 

「ご結婚おめでとうございます

〇〇さんの花嫁姿を楽しみにしています」

 

「この度はおめでとうございます

喜んで出席させて頂きます」

 

「お招き頂きありがとうございます

当日幸せなふたりに会えるのを楽しみにしています」

 

 

冠婚葬祭のマナーなど、

一般常識をわきまえているしっかりした女性は

男性にも好印象を与えるものです。

 

それに結婚すれば冠婚葬祭での行き来もあります。

ご主人側の親戚から届いた結婚式の招待状で失敗すると、

それがお姑さんに伝わることも…。

そうなれば、自分が恥ずかしいだけでは済みません。

 

いざという時にマナーがわからず慌てることのないよう、

きちんと覚えておきたいものですね。

 

好印象を与える接し方ができることは

素敵なご縁をつかむための大事な一歩。

いつもここで損をしている人のために、

愛されめしのレッスンでは自己紹介の仕方も学びます。

 

自分の中の壁が越えられない…。

何をどうすればいいのかわからない…。

 

そんなあなたは、1日1分のメールレッスンからどうぞ。

読むだけでプロポーズを引き出せる
  愛されめしメールレッスン