お花見デートのお弁当はアイデアレシピと気遣いで女子力アピール

picnic

彼と満開の桜の下でお花見デート

彼に手料理を振る舞えるチャンスでもあります。

 

sakura

 

お花見デートは、アイデアレシピと気遣いで、

さらに彼の心を引き寄せるデートにする

充分なシチュエーションが揃っています。

 

ここでちょっと頑張れば、

彼のハートを鷲づかみできます!

 

お弁当持参を予告する

愛情たっぷりのお弁当を準備しても

待ち合わせの時点で彼がすでに

ガッツリ満腹な状態だと

なんの効力も生み出しません。

 

そんな残念なことにならないために、

「明日はお弁当持って行くからね」

とデート前に告知しておきましょう。

そうすれば、彼はきっとワクワクしながら

お腹を空かせて登場してくれるはずです。

 

さらに彼好みのお弁当にするには

「好きな物はなに?」と聞くより

「嫌いな物とかある?」

と聞くのがポイント。

これで成功確率がグッとアップします。

 

おかずの味付けは濃いめに

桜を見ながら食べる頃には、

お弁当は冷めていることがほとんど。

この“冷めた状態で食べる”というのを

考えた上でお弁当を作ることも大切。

 

料理は冷めると、作りたてより味が薄まります。

食べる頃にちょうどいい味加減にするには、

少し濃いめに味付けしておきましょう。

 

食べやすさを考える

お花見デートで食べるお弁当は

家の中での食事と違い、食べにくいからといって

ナイフで切ったりはしにくいものです。

 

ガブリ!といったほうが美味しいものもありますが、

基本的には食べやすいように、

一口サイズにするほうが無難です。

 

汚れても慌てないために

お弁当を食べている最中に手や口を汚したり、

服にソースをこぼしたりする男性は多いものです。

 

そんな時も慌てず「あーもう汚れてるよw」

とさり気なく拭いてあげられるように、

ウェットティッシュの持参は必須。

あなたの女性らしい気配りに、

彼も惚れ直すこと間違いナシ!

 

また、外では手を洗う場所も限られているので、

乾いたティッシュより、おしぼりとしても使える

ウェットティッシュのほうが、なにかと便利です。

 

さらにできるだけ手を汚さず食べられるように

おにぎりをラップで包み、口をリボンで閉じると

見た目の可愛らしさも引き立ちます♪

 

いかがでしたでしょうか?

男性はちょっとした気配りに弱いもの。

何時間もかけて豪華なお弁当を作らなくても

彼との距離をグッと近づけることはできます。

楽しいお花見デートになるよう頑張ってくださいね!