とんかつレシピの人気No.1!衣サクサクの絶品カツ丼を作るには?

衣サクサクかつどん

お店で食べるかつ丼って、

衣がサクサクで美味しいですよね♪

卵でとじてるのに、なんで??と思いませんか?

 

 

お店の衣サクサクかつ丼を家で再現しようと思っても、

卵やダシでとんかつの衣がふやけてはがれてしまい、

一体コツってなんなの?という人は多いのでは…?

 

 

衣がふやけず、サクサクをキープしたかつ丼は、

ちょっとしたコツをおさえれば難しくありません。

ぜひ覚えて絶品かつ丼を作ってくださいね!

 

 

カツを入れるタイミングがポイント

かつ丼の衣がふやけてしまう一番の原因は、

カツをダシに浸している時間が長すぎること。

水分を含めば、ふやけるのは当然ですね。

 

 

また、カツを卵でとじるためにフタをする人がいますが、

フタをするとカツを蒸しているのと同じ状態になり、

やはり時間をかけるほど衣のサクサク感がなくなります。

 

 

衣をベチャッとさせないためには、

仕上げの直前でカツを入れるようにします。

また、カツがかぶるほどダシ汁を入れないことも大切。

 

 

卵のかけかたも重要

最後の仕上げにカツを卵でとじる時、

カツ全体が浸るように卵をかけていませんか?

卵をかけるのも、衣に水分を含ませるのと同じことになります。

 

 

サクッと美味しいかつ丼を作るためのポイントは、

卵をすべてカツにかけないようにすること。

ダシとカツに半分ずつくらいを目安にしましょう。

 

 

卵が少ないと上手くとじることができないからと

何個も卵を使うのも、失敗の元。

カツの端が浸らないように卵をかけるのもコツです。

 

 

揚げたての美味しさをキープするには?

先にカツを揚げてからダシを作ったりしていると、

最後の仕上げでダシにのせた程度では冷えたカツが温まらず、

イマイチ美味しくない…ということも。

 

 

他の準備をしている間にカツが冷めてしまった時は、

カツをオーブン等で温め直しましょう。

すると、揚げたてアツアツのかつ丼を味わえます。

 

 

分量等は合っていても、料理は何をいつ入れるか

大きく仕上がりが変わることがあります。

なぜこの手順なのか?その理論はメルマガで。

読むだけでプロポーズを引き寄せる
愛されめしメールレッスン