料理教室の先生の給料事情。料理上手なだけではダメな理由とは?

一人で料理教室を開業した人のうち、

3年以内に潰れる割合は70%

ということをご存知でしたか?

 

 

「好きな料理を教えて収入につなげたい!」

という思いだけで安易に料理教室を始めても、

すぐにダメになってしまうケースがほとんどなんです。

 

 

なぜこのような事態に陥ってしまうのでしょうか?

あまり知られていない料理教室開業の実情について、

今回はお話したいと思います。

 

 

料理教室の1ヵ月の売上は?

料理教室を開業した人の

1ヵ月の平均売上はどれくらいなのか、

統計調査を行った結果がこちら。

 

 

0円~10万円:48%

10万円超~20万円:25%

20万円超~30万円:8%

30万円以上:19%

 

 

数字だけみると

「月10万でもパートよりいいじゃない!」

と思うかもしれませんが、実際は色々と経費がかかるんです。

 

料理教室の経費はどれくらい?

料理に限らず、教室運営には

色々な経費が必要になります。

料理教室にかかる経費には・・

 

 

・食材代

・調味料代

・食器、ラップなどの消耗品

・レシピの印刷代

・水道光熱費

・場所代

 

 

といったものがあります。

そのため、月に10万円の売上があっても、

利益は3~4万円ということに…。

 

 

これを時給にしたら、いくらになるでしょう?

答えは300円くらい。

とても「パートよりいい」なんて言えませんね。

 

 

自分の得意なことであっても、

安定した収入を得るためには、

経営の仕組みを学ぶことが必須。

 

 

愛されめしレッスンを築いたノウハウは、

先生向けのメルマガでお話しています。

「料理教室は儲からない」なんてウソですよ!

先生が集まる料理教室開業
先生のためのメールレッスン