ピーマンの肉詰めの簡単レシピ♪はがれない焼き方のコツとは?

ピーマンの肉詰めを作る時、

どうしても途中で詰めた肉がはがれてしまう…。

という人は多いのでは?

 

 

それだけに完璧に作れたら、料理上手をアピールできるかも?

実はピーマンの肉詰めをキレイに作るには、

ちょっとしたコツをおさえておけばいいんです。

 

 

肉がはがれないコツ

ピーマンの肉詰めのポイントは、

なんといっても詰めたひき肉がはがれない焼き方!

そのために必須なのが、片栗粉です。

 

 

でんぷんが主成分の片栗粉は、

加熱すると接着剤のように吸着します。

この特徴を活かすと、残念な仕上がりになりません。

 

 

ピーマンの肉詰めを作る時は、肉を詰める前に

片栗粉をピーマンの内側に薄くまぶす!

ということを覚えておきましょう。

 

 

片栗粉をきらしている時は、片栗粉と同じく

主成分がでんぷんの小麦粉を使っても

肉をピーマンにしっかりと付ける役目をはたしてくれます。

 

 

焼く時の水の量もポイント

ピーマンの肉詰めを焼く時は、

肉詰めが若干浸るくらいの水を入れるのがポイント。

これにより、肉が焦げるのを防げます。

 

 

肉に焼き色がついてきたら

水を入れてフタをし、蒸し焼きにします。

こうすることで、柔らかい食感になります。

 

 

タレを入れる時のポイントは?

水が蒸発してきたらタレを加え、

ピーマンの肉詰めと絡めていきます。

タレは、まだ水が残っている段階で加えてもOK。

 

 

タレを加えるタイミングで、仕上がりの味が変わります。

タレを加えるのが早いほど、濃いめの味に仕上がります

彼が薄味が好きなら、タレの投入は焼き上がり間近ですね。

 

 

同じ料理でも、どう作るかで仕上がりが変わります。

作る相手に合わせる愛されめしメソッドは、

メルマガでお伝えしています!

読むだけでプロポーズを引き出す
愛されめしメールレッスン