鶏肉を焼く時に知っておきたい3つのポイント

作りおき

ここでは鶏肉を焼くときに知っておきたい3つの方法を紹介していきます。

鶏肉を焼くときに生だといけないと思って、ついつい焼きすぎて固くなってしまうなんて経験ありませんか?

そういった失敗を防ぐためのポイントを覚えていきましょう!

 

低温でじっくりと焼いていく

表面に焦げ目をつけたいと思って、ついつい高温に設定しがち。

しかし最終的には焦げ目が低温でもつくので慌てずゆっくりと加熱していきましょう。

焼き始めのフライパンも温める必要はありません

冷たい状態から焼き始めて問題ないですよ。

 

水分を定期的に取り除く

鶏肉を焼いているとじわじわと水分が出てきます。

これは鶏肉のアクのような存在なので捨てるか、

キッチンペーパーなどでふき取って取り除いていきましょう。

 

水分を放置していると加熱の時間がかかりますし、

ちょっと嫌な臭いが残ってしまう可能性もあるので排除するのがベストです。

 

調味料を加え、焼いていく

事前に鶏肉にお酒や牛乳を浸してから焼くと肉の繊維が細かくなって、

柔らかいお肉が実現します。

また臭みを取るというメリットもあるのでお勧めです。

 

調理によってはパイナップルと一緒に焼くのも効果的。

そして実際に焼いている時も塩や砂糖を加えると柔らかい状態をキープすることができます。

 

上記、3つの方法を試せば、柔らかくてジューシーな美味しいお肉が実現できるでしょう。