料理を作る順番、できたてアツアツで出すための正解はどれ?

彼に手料理を振る舞う時には、

せっかくならできたてアツアツを食べて欲しいですよね。

料理は効率よく、正しい順番で作ることが大事です。

 

 

時間のかかる料理から開始!

長時間の加熱が必要な煮物や

冷やすと美味しい料理など、

時間のかかる料理は最初に始めましょう。

 

 

煮物等は煮込んでいる合間に他の料理に取り掛かれますし

鍋などの中に入れた材料分のスペースが空くので

キッチンが使いやすくなり、作業もはかどります。

 

 

出来たてを出したい料理は最後に!

冷めると美味しさ半減の揚げ物や茹でて放置すると伸びてしまうパスタ、

一度冷めたものを温め直すと、お肉が硬くなるハンバーグ等々。

作る途中、もしくはできた後に時間をおくのはNGな料理も。

 

 

時間が経つほど味が落ちてしまうこうした料理は、

出来たてをそのまま食卓に出すのが原則です。

先に準備するのは仕込みだけにしておきましょう。

 

 

まとめ

料理を作る順番は、このように

時間が経ってもOKなものとNGなものとに分けて考えます。

温め直せるお味噌汁や、サラダなどは合間に作るといいですね。

 

 

また、アレもコレもと一度に手をつけるのではなく、

材料を切る時は切る、タレなどを作る時はその調合だけと、

調理の工程にメリハリをつけると、効率がアップします。

 

 

料理にとりかかる前に、まずは完成から逆算して

料理を作る順番を考えるという段取りを立てることも、

料理上手になるひとつの重要なポイントです。

 

 

料理はするけどいつも時間がかかっちゃって

全部できた頃には最初に作った料理がサメサメ…。

という人は、愛されめしで時短料理のコツを伝授します。

読むだけでプロポーズを引き寄せる
愛されめしメールレッスン