お見合いパーティーは婚活パーティーと違う?その特徴とは!

結婚できる人と結婚できない人

お見合いパーティーと婚活パーティーは一緒の意味合いで使われることもありますが、

どちらかというと個別の話し合いが行われるのがお見合いパーティー

時には仕切りを使って参加者同士が顔を合わせないように配慮しているケースもあります。。

お見合いパーティーについて見ていきましょう!

 

 

形式の方法に違いが

婚活パーティーの場合、男女入り乱れて自由に会話する時間を設けることがありますが、

お見合いパーティーの場合、開始から終了まで一切他の同性参加者と対面しないことがほとんどです。

 

他の参加者がどんな会話をしているのか、どんな服装で来ているのか、

どんな見た目なのか気にする必要ないので他人の目が気になる人はこちらの方が向いているかも!

 

厳かな感じで進むのがお見合いパーティーという解釈でも良いでしょう。

また仕切りだけでなく、完全個室を用意して行う個室お見合いパーティーもあります

 

 

30代や40代に人気

婚活パーティーというと、ちょっと華やかなイメージがあったり、

キャピキャピした印象を持っている方もいるかもしれません。

しかし、「そういった場が嫌いだからこそ、この年まで独身なんだよ・・・」と、

考えている人もいるかもしれませんね。

 

着飾った衣装で多数の異性と話し合うみたいな雰囲気はお見合いパーティーにはありません。

「落ち着いた空間でひっそりと出会いが生まれればよい」と考えている人向きのパーティーです。

傾向としては20代よりももっと大人の男女に人気のスタイルです。

 

 

たくさん集まるお見合いと考えればOK!

一般的なお見合いだと1対1で、1人以外と会うことはありませんね。

ただそれではあまりにも自分に合う人と出会える確率が低すぎます。

お見合いパーティーを実施しているサービスにもよりますが、

だいたい男女それぞれ6人から8人程度参加するのが一般的。

 

また最終的に運営側に希望の相手番号を提出し、結ばれるかどうかが発表されるため、

改めて全員が集まって発表することはありません。

 

またその際、カップルが成立した人だけに伝えてくれるシステムも採用しているところもあり、

最大限プライバシーに配慮したパーティーとなっています。