味覚が彼と合わなくて困ったとならないために。

彼女の手料理

3ヶ月プロポーズを引き出す女性に!

彼の心胃袋をつかみたい女性のための
愛されめしプロデューサー
青木ユミです。

 

彼はかなり濃い味が好きで自分は薄味。
味覚が合わないんです。

彼が、辛いものが好きだけど、
私は苦手で。

 

生徒からもそんな相談を
受けることがありますが、
好みが違うと手料理も大変ですよね。

 

人間の味覚の基盤は
離乳食によって作られています。

だからこそ、子供の食育が騒がれているんです。
離乳食は必ず様々な食感の食品を食べさせること。

 

これから母親になる女性や、
現在赤ちゃんがいる女性は特に気をつけて下さい。

 

もう大人なんだけど・・・。
はい。

 

大人の場合は
どうしたらいいのか。

 

毎日少しずつ薄味にしていくこと、
そして、よく噛むこと!

 

完全に同じにすることは、
男性と女性の生活環境も育った環境も違うので
難しいですが近づけることは可能です。

 

少しの味の違いなら問題はありませんが
かなり濃い味が好きな男性の場合
健康にも問題が出てきます。

 

彼の健康のために薄味に。
と言っても、なかなか納得はしないもの。

家で薄味の料理ばかりにしては、
外で隠れて濃い味の料理を食べてしまいます。

だから「毎日少しづつ」が大切です。

 

だからと言って、
醤油や塩を単純に量を減らすだけではNG

 

 

なんのためにこの調味料が入っているのかを
理解していないと、
ただのまずい料理になってしまいますよ。