料理教室の先生が書くべきFacebook投稿

料理教室の先生

料理で彼の心胃袋をつかむ!

愛されめしプロデューサー青木ユミです。

 

料理教室の先生こそ、Facebookを活用することをお勧めします。

Facebookは活用していますか?

私もFacebookを使うことで、たくさんの人に見てもらうことができ、

コミュニケーションも生まれ、Facebookを見て

レッスンに参加される方も多くいます。

 

今日はFacebookでファンを作る絶対法則をご紹介します。

料理教室先生

 

Facebook投稿をするメリット

b_ornament_50_0L

Facebookはコミュニケーションツールです。

テレビのCMで1度見ただけのものよりも、何度も目にしたものの方が

印象に残っていて、購入する人が多いため、

大手の会社は莫大な広告費をかけてCMを流しています。

個人ではテレビでのCMはできませんが、

Facebookでは行うことができます。

 

無料でCMを流せるなら何度流しますか?

私なら、各CMの時間に1回は流し、24時間流したい。

と考えます。

Facebookならそれが可能ですよね。

 

1日中Facebookを見ている人はいないので、

1日1回では、見ていないタイミングかもしれませんよね。

だからこそ、何度も投稿することで認知してもらうことができるようになります。

facebook

 

どんな投稿をしたらいいの?

料理教室の先生をしているのに、

毎回のように好きな洋服の投稿をしていては意味がありません。

料理教室の先生をしているという認知をしてもらうための投稿が大切です。

 

私の生徒でも、1日1投稿しかせず、毎日スムージーを投稿していたところ

愛されめしクリエーターをめぜしているのに、

健康の仕事をしているんだ。と認知されていた生徒がいます。

 

Facebookはファンを作る場所です。

どんな先生なんだろう。という人柄が出るような投稿をお勧めします。

 

例えば、レッスンや準備の様子、出かけたところ、

レッスンの様子、料理写真、どんな人とつきあいがあるのか、

街中で気づいたことなどの

価値を高めるパフォーマンスとしての投稿

 

そして、勉強したことや、知りたいだろうなと思われる

専門家としての投稿

 

と様々な投稿をする必要があります。

 

Facebookは写真が大切

Facebookを見るとき。さーっと流し読みをしていませんか?

目につくのは文字よりも写真

だからこそ街中の広告も写真には力を入れているのです。

 

できればを出していきましょう。

人に会う時に、先に顔をわかっていると安心できますよね。

参加者が安心して参加できるよう、

自撮りをどんどん行いましょう。

 

最初は自撮りは大変。

ですが、慣れれば、綺麗に可愛く撮影できるようになります。

 

ビューティープラス

女神カメラ

など、顔が綺麗に見えるアプリがたくさんあります。

使いこなすと便利ですよ。

 

文字は流し読みされることが多いので、

写真に文字を入れて投稿しましょう。

 

Facebookで会話する

Facebookは一方的に情報を発信するものではなく、

会話を楽しむことです。

人の投稿にもどんどんコメントを行い、

コミュニケーションをとっていきましょう。

 

売込みの投稿ばかりが続くと嫌がられます。

売込みではなく、仲良くなるために投稿、コメントを行いましょう。

 

毎日続けることが大切です。

 

どんな投稿をしたらいいの?

使っているのにシゴトに繋がらない。と思ったらこちらへどうぞ

 

集客に困らないパーフェクト個別相談

http://koimesi.com/?page_id=671