料理教室の先生が書くべき記録

料理教室講師

料理で彼の心胃袋をつかむ!
愛されめしプロデューサー
青木ユミです。

 

今日も料理教室開業を控えた生徒の

メール相談の返信に明け暮れていました。

 

 

私が何を指針にアドバイスを行うかというと

記録

 

 

毎日どんなことをして、

どの順番で生徒が集まるようになってきたのか

長野や四国からも集まるようになったのは

なぜなのか。

 

すべての流れを記録しています。

 

 

なんとなく。という感覚ではなく

私がどこにつまずいたのか、

どこをどう変えてよくなったのか

全て記録があるので、

同じ失敗をさせないために

見返しています。

 

 

目標達成できた理由

1日に行ったこと

翌月の目標

今月うまくいっていないこと

 

などなど、様々なことが書かれています。

 

 

全て記録があるから、生徒が遠回りせず

前に進むことができています。

 

 

それにしても、こんなことで

悩んでいたなんて。

と思ってしまうような記録ですが、

面白いことに、生徒も

同じような相談をしてくるのです。

 

単月だけ成功することは簡単です。

ですが、続けることが

とっても難しい。

 

どこがうまくいかなかったのか、

どこを変えたからうまくいったのか

 

きちんと記録にして、見返すこと。

そして、うまくいっている人と、

自分の違いはどこにあるのかを

比べることが成功への秘訣になりますよ。

 

記録をつけてみてくださいね。